手ごろな価格のTC素材レクタタープ5選!おすすめは!?

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

タープを大きく分けると『ヘキサ』か『レクタ』になります。

曲線的なシルエットが綺麗な『ヘキサ』、有効面積が大きい『レクタ』

その中から『タープの下で焚き火を楽しめるTC素材のレクタタープ5選』

TC素材を選ぶ理由

TC(テクニカルコットン)とは、ポリエステルとコットンを混ぜ合わせた混紡素材

テントやタープではポリエステルと並んで、よく使用されています。

例えば、テンマクデザインのサーカスTCシリーズなど。

出典:テンマクデザイン

メリット

・遮光性が高く、温度上昇を軽減させる
・難燃性が高く、タープ下で焚き火を楽しめる

注意点

・コットンが含まれているので、ポリエステル単体よりも重い
・水分を含みやすく、乾きづらい

TCレクタタープ5選

メーカーフィールドアクイックキャンプビジョンピークステンマクデザインタラスブルバ
商品名レクタタープTCポリコットン
レクタタープ
ファイアプレイス
TCレクタタープ
焚火タープTC
コネクトレクタ
TB レクタTC L
サイズ約500cm×435cm約440×400cm約460cm×430cm約480×420cm約450×360cm
面 積21.75㎡17.6㎡19.78㎡20.16㎡16.2㎡
重 量5.3kg4.6kg5.4kg5.4kg4.5kg
耐水性撥水加工
耐水圧428mm
撥水加工撥水加工撥水加工
価 格17,160円17,160円19,900円26,400円27,390円
1㎡単価789円975円1,006円1,310円1,691円

フィールドア レクタタープTC

約500×435cm(面積21.75㎡)と6人以上の大人数にで使用できるサイズ
・カーキ・コヨーテ・オリーブの3色
・1平米あたりの単価が『789円』と他を圧倒!
ロープが細く切れやすいとのレビューが散見されるので、別途準備が安全。

クイックキャンプ ポリコットン レクタタープ

約440×400cm(面積17.6㎡)と4~6人使用できるサイズ
・サンド・カーキの2色
・1平米あたりの単価が『975円』とフィールドアに次ぐ安さ

ビジョンピークス ファイアプレイスTCレクタタープ

約460×430cm(面積19.78㎡)と4~6人使用できるサイズ
・短辺が長めであることから、片側を下げた目隠しスタイルにしやすい
・ゼインアーツやサバティカルなどのテントに合わせやすい色合い
・ヒマラヤの店舗で実物の確認が出来る

テンマクデザイン 焚火タープTCコネクトレクタ

約480×420cm(面積20.16㎡)と4~6人使用できるサイズ
・サーカスTCシリーズに連結出来るような設計
・ロープをつけるグロメットが14か所あり、アレンジ性は抜群

タラスブルバ TB レクタTC L

約450×360cm(面積16.2㎡)と4人使用できるサイズ
・唯一、撥水加工の記載がなく不明
・1平米あたりの単価が『1,691円』とフィールドアの2倍超
・タラスブルバのシェルターと色を合わせたり、15%OFFのセールであればあり

おすすめ

フィールドア』か『ビジョンピークスのどちらか

『フィールドア』…価格を優先し、付属品は使わずに別途準備する

『ビジョンピークス』…使いやすいサイズで、品質と価格のバランスが絶妙

サバティカルのモーニンググロリーTCに合わせたいので、
全体的なバランスや色合いで『ビジョンピークス』を検討中!

まとめ

TC素材は難燃性が高く、焚き火を楽しむことが出来ます。

しかし、乾きにくさや大雨に耐えれないなどの注意点もあり、

使い分けが必要になることもあります。

また、付属のペグはスチールで細いことが多いので、

長めの鍛造ペグを準備しないとTC素材の重量のあるタープには心配です。

コメント